R00000320.jpg

三冬尽く  /  2017

ほのぼのした表現を蹴散らしながら

まるで綱渡りのように 季節を越えていきます

4T2A47080000.jpg

水仙 / 2016

この子には分かるのでしょうか 

じっと見つめるペットボトルの花の下

仲良しだった三毛猫が眠っています

4T2A226300.jpg

non title  /  2017

自立した精神をもった子たち 

弱音を吐かず 何もかも受け入れ生きていく

けれど 時折きこえてくることがあるのです 

そんな彼らの 小さな呼び声が

E35A67420.jpg

初夏  /  2016

夜明けの靄が薄れ 

日差しが辺りに輪郭をつくりました

木の股で目を覚ました子が 

こちらを見つめます

R00001240.jpg

non title  /  2018

みなが散っていっても 

しばらくは待っていなければなりません

まわりとの競争が苦手な子が 

あとからやってきますから

4T2A76440.jpg

non title  /  2018

この子が追いかけていくのは 

いつもここまでです

またやさしい誰かがやってくるのを 

しずかに待ちます

Copyright © 2016 Takuya Kamei All Rights Reserved.